OUDANMAKU

横断幕はスポーツのチーム応援や、社内におけるスローガン、さらには屋外における広告宣伝などにも活用できる優れものと言えるでしょう。

その作成方法には様々な手法があります。もちろん近くに横断幕の専門店が見つかればそこを利用するに越したことはありませんが、
一方で最近はインターネットやメールでのやり取りを介した手法が価格的にも激安なこともあって一般的になりつつあります。

これらを使えば横断幕のデザインの面でも利便性が発揮されます。たとえば依頼者の側で既にきちんとしたファイルがある場合にはそれをメール添付するなどして業者に送れば、

それをもとに仕上がり具合を調整して校正した上で確認書を送り返してくれます。また、業者に依頼すれば簡易なラフスケッチをきちんとしたデザインに仕立ててくれたり、 あるいはイメージを伝えることできちんと具現化してくれる場合もあります。

いずれにしてもこうしたやり取りを介した上での横断幕製作は仕上がりがイメージとは違うなどの事態を引き起こすことなく、さらに製作費や送料などをあわせても激安にて行われるので大変便利です。

最近思うのですが、インターネットののぼりや横断幕屋さんのサイトって見にくいサイト多くないですか?

沢山の写真と文字がギューギューにひしめきあっているイメージです。

勝手なイメージですが、すごい情熱のあるおじさんが社長!というかんじ。

ほかにも、印刷関係の会社のサイトとかも見にくいの多いです。

印刷って幅広く表現できるから「あれもできる、これもできる」がサイトがみにくい原因の一つではないかと思います。