のぼり旗の素材に綿を選ぶメリット|扱う際のポイント

のぼり旗は素材が重要

のぼりの素材のぼり旗を制作する際にはその素材を決めることが
重要となります。

中でも特によく選ばれているのが綿です。
綿はコットンとも呼ばれる素材であり、種子から
とられる種子毛を原料とした繊維として知られています。

コットンの多くは天然繊維ですが、中にはセルロース繊維
と呼ばれる化学繊維のものもあります。

いずれも柔らかい性質を持っていて、触り心地も良い
ことからポピュラーな素材の1つといえます。

神社に奉納されるのぼり旗もこの素材を使用することが
非常に多いです。

のぼり旗ネットではコットンを使用したのぼり旗のデザインも
受け付けています。

コットンのメリットの1つとして挙げられるのが吸水性の高さです。

吸水力があるということはインクが素材の中に入り込みやすい
ことを示します。

発色がはっきりとするので鮮やかに仕上がります。
加えて通気性を持っていることも特徴です。

のぼり旗に通気性が必要なのか、と感じる方もいるかもしれませんが、
通気性があると風が吹いたときにきれいななびき方をするようになります。

それゆえにのぼり旗においても通気性は重要となっています。
明るい色合いともマッチするので採用しやすい素材といえるでしょう。

コットン素材を用いる利点

綿繊維の断面には中空がたくさんあります。
ここに空気が入りこむことによって風になびきやすい状態となります。

また、多くの天然よりがあることも特徴であり、その部分に水分が
入ると保湿性が高まります。

コットンならではの性質といえるのが湿強性です。
湿強性とは、濡れた際に強度が高まることを言います。

この湿強性が低いと雨風に当たった際に破れてしまう可能性があります。

コットンの場合は湿強性が高いので雨風に吹かれても破れることが
ほとんどありません。

価格もリーズナブルなので気軽に製作を依頼することが出来ます。

のぼり旗ネットでは、コットンを標準の素材として用意していて
多くの方から依頼を受けています。

日光

コットンは日光にやや弱い性質がありますが、その分をカバーできるような
工夫がなされていることもポイントです。

コットンの比重は1.54となっていて、比較的軽い素材といえます。

のぼり旗はその重さによって持久性が変わります。
基本的には軽いほど高い持久性を持つようになるので、長期的に使用
されるのぼり旗にはぴったりです。

のぼり旗ネットでは多種多様な素材を取り扱っており、
目的に合わせて選び分けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)