不動産業界では様々な手法で宣伝を行っており、主な宣伝の方法には
新聞の折込チラシやチラシのポスティング、テレビやラジオの
コマーシャルなどがあります。

これらの宣伝の手法はある程度の宣伝効果が見込めますが、
コストがかかることがネックです。

不動産業界の費用対効果が優れている宣伝の方法に
のぼり旗や看板の設置があります。

のぼり旗や看板は製作コストが安く、人通りが多い場所に
設置するだけで宣伝効果が見込めます。

不動産のぼり

特にのぼり旗は安い費用で製作することができ、狭いスペースにも
設置できるため、費用対効果は抜群に優れています。

不動産業界におけるのぼり旗による宣伝は、不動産業者の店頭に
設置したり、モデルハウスや新規分譲地、分譲マンション等の
周辺に設置して宣伝を行うことが多いです。

小さいチラシを店の窓に貼っておくだけではスルーされてしまいがちですが
はためくのぼり旗は、動くものを目で追う人間の習性によって
無意識のうちに見られていることも多く、サービス内容を印象づけることが期待できます。

そういった効果を狙った上で、不動産業者の店頭には数多くののぼり旗が
設置されていますが、そうすることによって通行人の目に留まり、脳裏に焼き付けるのです。

のぼり旗を不動産業者の店頭に設置した時の宣伝効果は
店の宣伝に大きく貢献します。

のぼり旗が宣伝ツールとして優れている理由

分譲住宅や分譲マンションの販売を行っている不動産業者は
モデルハウスや新規分譲地、分譲マンションの周辺に
のぼり旗を設置することで、近隣住民への宣伝になり
分譲住宅や分譲マンションの販売に貢献できます。

何も設置されていなければ、既に所有者がいる土地や家だと
判断されてしまうかもしれませんが、のぼり旗によって
どんな状態であるかといった内容や、これから発生する
サービス内容に向けて予め宣伝しておけば、たまたま通りかかった
近所の人であったり新規で住宅の購入を検討している人に
効率良くアピールすることができます。

いまではネットから発信するのが当たり前になっていますが、
のぼり旗による宣伝効果もまた侮れないものだと考えることができます。

そのため、のぼりの一部に会社名や連絡先を入れておくことで
興味を持ってくれた人からの連絡のやり取りも容易になります。

連絡が取りやすい

このように、不動産業界にとってものぼり旗は宣伝に欠かせないものであり
不動産業者の売上アップに大いに役立ってくれるのです。

不動産業界で長年にわたって行われている宣伝手法であり、
今後ものぼりによる宣伝はますます盛んに行われると予測されます。

のぼりのデザインのぼり旗を活用してクリスマスケーキを販売すると、本来は
購入する予定が無かった人でものぼり旗を見ることによって
予約や購入をしておこうと言う気持ちを誘うことが出来ます。

「クリスマスケーキ販売中」と分かりやすいキャッチフレーズはもちろん、
「有名パティシエとのコラボ」、「試食あり」などその店独自の
アピールポイントを明記しておくのもおすすめです。

基本的にはクリスマスカラーである赤や緑をメインにし、雪や冬を
連想させる白色で文字を表示するのがオーソドックスなタイプです。

文字以外にもイラストやロゴマーク、写真など思い思いのデザインを
作ることが出来るため、自分たちだけのオリジナルデザインののぼり旗を
作り上げるのも良いでしょう。

消費税増税の影響で財布の紐がぎゅっと固くなっている現在の日本では、
クリスマス戦線にノルマのクリスマスケーキを売りさばくことはかなり困難なことでしょう。

そんなときこそのぼり旗を上手く活用し、販売数アップを目指すのがおすすめです。商業用

晩秋の頃、世間ではそろそろ年末の準備に取りかかる雰囲気となり、
おせちの予約も開始する頃となります。集客アップ効果

予約は早々に受付が始まるものなので、開始したことを大々的に宣伝し、
アピールしなければなりません。

お客様によっては、予約を後回しにされることもありますので、
季節を感じるのぼり旗を早めに設置することをおすすめします。

のぼり旗を使うことで、他店と差をつけることも可能であり、
集客アップを目指すことができます。興味を持ってもらう

おせちは競合店が多く、どの商品も内容が
豪華で充実しています。
また、同じくらいのレベルの商品は、
価格の差はあまり大きくありません。

毎年注文していただいているお客様や、
今年はどのおせちにしようかと
迷っているお客様が、他の店舗に流れてしまわないよう
のぼり旗を使用し、大いに活気を出しましょう。

のぼり旗には独特の効果があり、今しかできない
限定感を漂わせることができます。

また、早期割引などのお得情報を全面的に打ち出し、出費の多い
年末年始の助けとなる旨の宣伝をするのも良いです。

設置している場合としていない場合では、売り場の空気感は大きく変わります。