のぼり旗のデザインを考える時、サイズによって少し考え方が変わってきます。
通常のサイズののぼり旗であれば、いかにシンプルで目立つデザインにするかで
効果が現れるかどうかが決まってきます。

しかしジャンボサイズののぼりを制作する場合、デザインには
押さえておきたいポイントがあります。

まず通行人がひと目でその内容を把握できるように、ひとつのテーマに
絞ることが大切です。

例えば飲食店の場合、いくつものメニューを載せるよりも
目玉をひとつだけに絞ってアピールすると効果的となります。

のぼりデザインの内容を絞る

おすすめのメニューを大きな写真で掲載することで、
インパクトを与えることができます。

特にお昼時の食事場所を探しているような人への訴求力が高まるのでおすすめです。

また文字も大きなサイズにする必要があります。
のぼりのサイズが大きいからと、細かな文字で多くの情報をアピールしようとするのは逆効果です。

通りすがりにそのような文字を全て読むことはできません。
一瞬だけ目を向けた瞬間に内容が把握できるようにするのがポイントです。

さらに見る人の視線を意識したデザインにすることも大切です。
例えば街道沿いに立てる場合、車の席から見て目にとまりやすい位置に
アピールしたいことを掲載する必要があります。

遠くからでも見えるようにするには上部に、逆に近づいた時に目に入る場所ならば
下の方にメインの画像や文字をレイアウトすることになります。

あるいは通行人にとって見やすい位置はどこなのか、工夫してデザインすることが大事です。

選ぶカラーも周りの景色に溶け込むことがないように意識する必要があります。
木々が多い場所なら緑は避けるといった配慮が必要というわけです。

のぼり旗を設置する目的は、目立ちやすくわかりやすくアピールすることです。
そのためデザインも、目的に合った内容で考えることが大切です。

実用的な意味合いも?端午の節句にのぼり旗を飾る風習

のぼり旗は日本に伝わる伝統的な旗のひとつで、起源は古く平安時代から
と考えられています。

伝統的なのぼり旗

室町時代になると、武家同士での争いが増え、敵味方の判別を行うために
家紋を付けた旗が作られるようになり、全国的に広まっていきました。

それまでは流れ旗という、風になびかせる旗が主流でしたが、
管理のしやすい実用的なのぼり旗が残ったといわれています。

武家の家紋旗が段々と庶民にも浸透し、節句の時期に子供が強く、健やかに
成長することを願って武者のぼり旗を家の外に飾るようになりました。

現在でも、節句の時期に家紋を染めたのぼり旗を外に飾る風習が残っており、
子供の健やかな成長を願うことが引き継がれています。

のぼり旗の絵柄は段々と変化し、桃太郎や金太郎といった童話の登場人物から
滝を登る鯉、龍や虎といったものまで幅広くありますが、力強さや躍進するような
イメージを喚起するのは昔と変わっていません。

今後も子供の成長を願うのぼり旗という風習が引き継がれていくことが期待されています。

不動産業界では様々な手法で宣伝を行っており、主な宣伝の方法には
新聞の折込チラシやチラシのポスティング、テレビやラジオの
コマーシャルなどがあります。

これらの宣伝の手法はある程度の宣伝効果が見込めますが、
コストがかかることがネックです。

不動産業界の費用対効果が優れている宣伝の方法に
のぼり旗や看板の設置があります。

のぼり旗や看板は製作コストが安く、人通りが多い場所に
設置するだけで宣伝効果が見込めます。

不動産のぼり

特にのぼり旗は安い費用で製作することができ、狭いスペースにも
設置できるため、費用対効果は抜群に優れています。

不動産業界におけるのぼり旗による宣伝は、不動産業者の店頭に
設置したり、モデルハウスや新規分譲地、分譲マンション等の
周辺に設置して宣伝を行うことが多いです。

小さいチラシを店の窓に貼っておくだけではスルーされてしまいがちですが
はためくのぼり旗は、動くものを目で追う人間の習性によって
無意識のうちに見られていることも多く、サービス内容を印象づけることが期待できます。

そういった効果を狙った上で、不動産業者の店頭には数多くののぼり旗が
設置されていますが、そうすることによって通行人の目に留まり、脳裏に焼き付けるのです。

のぼり旗を不動産業者の店頭に設置した時の宣伝効果は
店の宣伝に大きく貢献します。

のぼり旗が宣伝ツールとして優れている理由

分譲住宅や分譲マンションの販売を行っている不動産業者は
モデルハウスや新規分譲地、分譲マンションの周辺に
のぼり旗を設置することで、近隣住民への宣伝になり
分譲住宅や分譲マンションの販売に貢献できます。

何も設置されていなければ、既に所有者がいる土地や家だと
判断されてしまうかもしれませんが、のぼり旗によって
どんな状態であるかといった内容や、これから発生する
サービス内容に向けて予め宣伝しておけば、たまたま通りかかった
近所の人であったり新規で住宅の購入を検討している人に
効率良くアピールすることができます。

いまではネットから発信するのが当たり前になっていますが、
のぼり旗による宣伝効果もまた侮れないものだと考えることができます。

そのため、のぼりの一部に会社名や連絡先を入れておくことで
興味を持ってくれた人からの連絡のやり取りも容易になります。

連絡が取りやすい

このように、不動産業界にとってものぼり旗は宣伝に欠かせないものであり
不動産業者の売上アップに大いに役立ってくれるのです。

不動産業界で長年にわたって行われている宣伝手法であり、
今後ものぼりによる宣伝はますます盛んに行われると予測されます。

パンは、小麦粉の高騰によって昔よりも原材料費がかかってしまいがちです。

その分の経費をパンの値段に上乗せするわけにもいかず、パン屋にとっては商品の価格を据え置いて利益を少なくしてお客さんに提供しているという店舗も多くあるでしょう。

パン屋ののぼり

より売り上げを伸ばして利益を確保するためにも、効果的な宣伝方法にちょっとした工夫をしなければなりません。

のぼりは、店舗の建物に経費をかけて大掛かりな看板を取り付けなくても、手軽に店舗前に設置することができるアイテムとなり、オリジナルのぼりとなるとアピールしたいことを自由に書き込むことができます。食の安全に不安を持っているお母さんたちにも、素材にこだわって作っていることをアピールできれば安心して来店してもらうことができます。

また、焼き立てパンを食べたいという人にも、ただ焼き立てと書いてあるだけではアピール力が低いことになりますが、焼き上がり時間を記入しておけば時間に合わせて来店してもらうことにも役立ってきます。

他にも、オリジナルのぼりは手頃な価格で作ることができるので、シーズンを限定したものや今だけのイベント用として作るにも経費を抑えることができます。

サービス内容

 

クリスマスにはシュトーレン、春には季節のいちごを使ったパンなど、毎年その時期だけでも季節感を与えて楽しんでもらうことができ、テレビや雑誌で紹介されたという旬な話題でも、制作から納品までも早いのですぐに話題にのせることができます。

こちらのサイトでは、のぼり旗の通販を行っています。
そしてこちらののぼり旗は、ペットの様々な動物の
シルエットが並んでいて可愛いデザインになっています。

子供にも親しんでもらえるような、柔らかい色合いと
文字を選ぶことで、重みがあり信頼できる優しい雰囲気を
イメージしたつくりになっています。ペット可
のぼり旗の基本仕様としてサイズは
180×60㎝です。
素材にはポリエステルポンジーを使用し、
染め色技法にはダイレクトインクジェット
プリント(裏抜け70%程度)、製法は
縫製はなくヒートカット仕様となっています。

また三巻製法がオプションで選ぶことができ
基本はヒートカットですが、1枚ごとに15~73円の中で6種類の中から追加料金を追加することも可能です。

動物病院またインクジェットプリントに関しては、
工程後に熱をかけて布に染着させる工程が
あり、その際に若干インクが釜の中で
浮遊し、布地に付着する場合もあります。

そして、こちらののぼり旗通販サイトでは
できる限り安価での提供を軸に対応し、
のぼり旗を使用する時に遠くから
離れてみるものという認識のもとに
作っています。

もし用途に合わせてデザインにこだわりの
あるのぼり旗をつくりたいなら、こちらの
通販サイトで素敵な一枚を作ってみてはいかがですか。

年末が近づくと、年賀状印刷の注文を受け付けていることを
アピールするために、のぼり旗を立てる店を目にすることがあります。

年賀状印刷の注文を取り次ぐ店舗では、普段から年賀状印刷をメインに
取り扱っているわけでないことがほとんどです。他店と差をつける

そのため、需要が増える季節だけ取扱いをするため、効果的に
アピールする方法としてのぼり旗を使っていることが多いです。

しっかりとした看板やディスプレイでアピールしてしまうと、
需要がない季節には不要なため撤去に手間がかかることがあります。

大々的にアピールまた、年中そのまま看板を掲げてしまうと、
いざそのシーズンが来ても斬新さに欠けて
効果が薄れてしまう場合もあります。

のぼり旗なら、毎年一定の限られた時期だけに
旗を立てるだけなので、簡単に設置できて
効果的にアピールすることができます。

需要がなくなる時期の撤去も簡単なため、次のシーズンが来るまで
保管しておくことで何度も繰り返し利用することも可能です。

広告の効果絶大なのぼり旗についてのぼり旗というのは、商業施設で活用したり、交通安全運動の際に活用するなど、
色々なシチュエーションで活用することができるとても便利なアイテムですが、
既製品がたくさんありますので、ありとあらゆる店舗の運営、イベントの際にも、
スムーズに手配しやすくて便利なものです。

オリジナルのデザインで印刷をするのぼり旗に比べて、
費用が安く済むというのも良いところです。

ただし、既製品ののぼり旗にはデメリットもありますので、
デメリットを把握した上で入手を検討することが大切と言えます。

デメリットは、やはりデザインのバリエーションです。
かなりたくさんのデザインが存在してはいるのですが、
お店の名前やロゴが入っていたりするわけではありませんから、
オリジナリティに欠けます。デメリットの把握

ありきたりなデザインののぼり旗を設置すると、目にした人の
興味を引くことがあまりできず、高い効果が得られない恐れがあります。

中には、昔からよくあるような定番のデザインがマッチするという
シチュエーションもあるものですが、そういったシチュエーション
ばかりではありません。

オリジナリティのあるデザインののぼり旗を設置しておけば、
目にした人が積極的に内容を確認しようと思うものです。

なお、オリジナルののぼり旗は作成期間があるため、入手するまでに
期間がかかってしまうのがデメリットですが、既製品はデザインが
できていますから、スピーディーな対応が可能で、当日発送してくれることもあります。

しかし、在庫がない場合には、注文を受けてから作成されることになりますので、
注意しておきたいところです。