パンは、小麦粉の高騰によって昔よりも原材料費がかかってしまいがちです。

その分の経費をパンの値段に上乗せするわけにもいかず、パン屋にとっては商品の価格を据え置いて利益を少なくしてお客さんに提供しているという店舗も多くあるでしょう。

パン屋ののぼり

より売り上げを伸ばして利益を確保するためにも、効果的な宣伝方法にちょっとした工夫をしなければなりません。

のぼりは、店舗の建物に経費をかけて大掛かりな看板を取り付けなくても、手軽に店舗前に設置することができるアイテムとなり、オリジナルのぼりとなるとアピールしたいことを自由に書き込むことができます。食の安全に不安を持っているお母さんたちにも、素材にこだわって作っていることをアピールできれば安心して来店してもらうことができます。

また、焼き立てパンを食べたいという人にも、ただ焼き立てと書いてあるだけではアピール力が低いことになりますが、焼き上がり時間を記入しておけば時間に合わせて来店してもらうことにも役立ってきます。

他にも、オリジナルのぼりは手頃な価格で作ることができるので、シーズンを限定したものや今だけのイベント用として作るにも経費を抑えることができます。

サービス内容

 

クリスマスにはシュトーレン、春には季節のいちごを使ったパンなど、毎年その時期だけでも季節感を与えて楽しんでもらうことができ、テレビや雑誌で紹介されたという旬な話題でも、制作から納品までも早いのですぐに話題にのせることができます。

こちらのサイトでは、のぼり旗の通販を行っています。
そしてこちらののぼり旗は、ペットの様々な動物の
シルエットが並んでいて可愛いデザインになっています。

子供にも親しんでもらえるような、柔らかい色合いと
文字を選ぶことで、重みがあり信頼できる優しい雰囲気を
イメージしたつくりになっています。ペット可
のぼり旗の基本仕様としてサイズは
180×60㎝です。
素材にはポリエステルポンジーを使用し、
染め色技法にはダイレクトインクジェット
プリント(裏抜け70%程度)、製法は
縫製はなくヒートカット仕様となっています。

また三巻製法がオプションで選ぶことができ
基本はヒートカットですが、1枚ごとに15~73円の中で6種類の中から追加料金を追加することも可能です。

動物病院またインクジェットプリントに関しては、
工程後に熱をかけて布に染着させる工程が
あり、その際に若干インクが釜の中で
浮遊し、布地に付着する場合もあります。

そして、こちらののぼり旗通販サイトでは
できる限り安価での提供を軸に対応し、
のぼり旗を使用する時に遠くから
離れてみるものという認識のもとに
作っています。

もし用途に合わせてデザインにこだわりの
あるのぼり旗をつくりたいなら、こちらの
通販サイトで素敵な一枚を作ってみてはいかがですか。

年末が近づくと、年賀状印刷の注文を受け付けていることを
アピールするために、のぼり旗を立てる店を目にすることがあります。

年賀状印刷の注文を取り次ぐ店舗では、普段から年賀状印刷をメインに
取り扱っているわけでないことがほとんどです。他店と差をつける

そのため、需要が増える季節だけ取扱いをするため、効果的に
アピールする方法としてのぼり旗を使っていることが多いです。

しっかりとした看板やディスプレイでアピールしてしまうと、
需要がない季節には不要なため撤去に手間がかかることがあります。

大々的にアピールまた、年中そのまま看板を掲げてしまうと、
いざそのシーズンが来ても斬新さに欠けて
効果が薄れてしまう場合もあります。

のぼり旗なら、毎年一定の限られた時期だけに
旗を立てるだけなので、簡単に設置できて
効果的にアピールすることができます。

需要がなくなる時期の撤去も簡単なため、次のシーズンが来るまで
保管しておくことで何度も繰り返し利用することも可能です。

広告の効果絶大なのぼり旗についてのぼり旗というのは、商業施設で活用したり、交通安全運動の際に活用するなど、
色々なシチュエーションで活用することができるとても便利なアイテムですが、
既製品がたくさんありますので、ありとあらゆる店舗の運営、イベントの際にも、
スムーズに手配しやすくて便利なものです。

オリジナルのデザインで印刷をするのぼり旗に比べて、
費用が安く済むというのも良いところです。

ただし、既製品ののぼり旗にはデメリットもありますので、
デメリットを把握した上で入手を検討することが大切と言えます。

デメリットは、やはりデザインのバリエーションです。
かなりたくさんのデザインが存在してはいるのですが、
お店の名前やロゴが入っていたりするわけではありませんから、
オリジナリティに欠けます。デメリットの把握

ありきたりなデザインののぼり旗を設置すると、目にした人の
興味を引くことがあまりできず、高い効果が得られない恐れがあります。

中には、昔からよくあるような定番のデザインがマッチするという
シチュエーションもあるものですが、そういったシチュエーション
ばかりではありません。

オリジナリティのあるデザインののぼり旗を設置しておけば、
目にした人が積極的に内容を確認しようと思うものです。

なお、オリジナルののぼり旗は作成期間があるため、入手するまでに
期間がかかってしまうのがデメリットですが、既製品はデザインが
できていますから、スピーディーな対応が可能で、当日発送してくれることもあります。

しかし、在庫がない場合には、注文を受けてから作成されることになりますので、
注意しておきたいところです。