のぼり旗の印刷手法「シルクスクリーン」のメリット

印刷機の実装によって扱いやすくなったのぼり旗

旗の役割日本伝統のお店の宣伝方法として根付いているのが、
お店の周辺に至る所に設置するのぼり旗です。

のぼり旗の歴史は古く、平安時代に中国から布と染色技術が
伝わったことから始まります。

その後、平安時代以降になると戦乱の世の中となり、
同士討ちを防ぐために自軍と敵軍を識別するために
布に象徴するマークを描いて棒に括り付けたのが
のぼりの始まりになります。

のぼりは戦国の時代を駆け抜けた後で、役目が変わったのが
江戸時代に入った時です。

徳川家による全国統一により平和な世の中になったことで、
戦乱に使われなくなったのぼりは平和的な活用として発展する町に
立てかけられるようになります。

そこにはお店と商品の名前が書かれ、それを店先に飾ることで客寄せをする役目を担う
ようになったのです。

その後外国貿易からから様々な塗料と色の概念が伝わることで、色彩が豊かとなり
のぼりはのぼり旗として現在につながる宣伝として活用されることになります。

そんなのぼり旗ですが、これまでは一つずつ手作業で作るオーダーメイドが主流だったのです。
オーダーメイドにすることで、オリジナル感を出すことで宣伝効果を高めることができます。

しかしオーダーメイドは大量生産に向かないので、そこで専門店が利用するようになったのが
シルクスクリーンといった印刷技術です。

印刷技法のひとつシルクスクリーンのメリット

現代の手法になるシルクスクリーンとはどんな技法なのかというと、あらかじめ決めておいた
絵柄をパソコンの専用ソフトに取り込んで塗料を噴射し布にコピーする手法のことです。

建築関係で使われるCADのように、パソコン画面上で構築することで寸分狂いのないデザインに
仕上げることができます。

この技法のメリットというのは、やはりコストが安いことです。
先に言ったとおりにコピーという技術が発達したのは、宣伝の効率化を図るためになります。

のぼり制作

一本の独自のあるのぼりを用いるだけでは範囲が
狭いので、複数を用意することで的確に印象付け
て誘導することが出来るのです。

コピーしやすいように決まったデザインと色彩に
すれば、基本的に大量生産がしやすくなります。

コストというのは受注する際に大量に発注する
ことによって、一つだけ依頼するよりも予算の
分散化を図ることが出来るのです。

お店側にとっては宣伝効果があるだけでなく、
大量購入しやすいのでコストカットもできます。

そして雨風や経年劣化で旗の状態が悪くなっても、依頼した企業には
デザインや色彩のデータが残っているのできれいな状態で再発注して
手に入る事もメリットになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)